銀座カラーに行ってみた体験を簡単にまとめました。まずは無料のカウンセリングを受けて、話を聞いてみると良いでしょう。

甘く考えると良くない!

基本的に車社会と呼ばれる地域に住んでいるので、出来ることなら電車には乗らずに行けるところで脱毛をしたい。面倒臭いからあまり遠出はしたくないと感じて、車で10分程度で着くところに見かけるサロン、ローカルCMでやっている、地元にしか無さそうなサロンを選択肢に入れて選び直し。

どこも「光脱毛」で特に違いは無さそうと思いつつ見てみると、ローカルCMでやっているところは口コミを見るとこれまたひどい言われよう。良いと思える口コミが無いほどに、それはそれはボロクソに書かれています。

目立ったものを抜粋するなら、「効果がほとんど無かった」「対応が悪い」「勧誘がきつい」あたりです。これはさすがにヤバいなと感じ、候補から除外。対応や勧誘については我慢が出来るとしても、効果が無いんじゃサロンに行く意味自体が無いです。

今だからこそ言えることですが、脱毛の効果については個人差があるとは思います。しかし、対応や勧誘については特に個人差を感じる部分ではなく、全員が感じることでもあるはずなので、出来るならそういったところは避けたいのです。

となると、残るは近場の「車で10分程度サロン」ということになります。

口コミはまぁまぁで悪くは無さそう?

近場で選んでみた

車で10分程度サロンの評価や口コミは、「ローカルCMサロン」に比べればまだマシです。費用もそんなにかからなそうだし、ここに決めました。何より近いのが良いですし、通うのも楽かなと思いながら。

パソコンからホームページにアクセスしてカウンセリングの予約をポチっと。脱毛サロンの予約なんて初めてでしたが、特に難しいこともなかったので希望日も決めてしっかりと予約をしました。その後に確認メールが届き、数日後の予定日までは日々、脱毛に関する情報収集に励む日々。

このときにはまさか二流が二流である理由を、この身をもって知ることになろうとは思いもしなかったのです。

カウンセリングの予約日に起きた悲劇

カウンセリングの予約日に「車で10分程度サロン」に行き、受付で名前や今日の予定と伝えると、なぜかその場で10分近く待たされることに。何か準備でもしてるのかなとぼけーっと待ってると、何ということでしょう。カウンセリングの日にちを間違えていたという、客商売として信じられない言葉が出てきたのです。

朝一番のカウンセリングだったので、早く起きて化粧までばっちり決めて、いつもはダラダラと寝ている時間には既に家を出ていたというのに、その日はカウンセリングが出来ないとのこと。どうも向こうが勝手にカウンセリングを次の日だと思っていたようです。

一応、その場でメールを確認しましたが、やはり予定はその日になっていて、私に落ち度はありません。当然ですが。間違っていたのはサロンの方で、明日なら通常通りカウンセリングが出来ますとのこと。

待たされた挙句にこの仕打ち

さすがに10分近くも待たされて「明日ならカウンセリングOKです」と言われても「じゃあお願いします」と言えるほど私は心が広くありません。対応も悪く、「間違ってましたー」程度の感じだったのにもイラついたので、「いやいいです」とその日は帰りました。

しかもその日のうちに届いたサロンからのメールには、「明日ならカウンセリングOKです」のゴリ押しっぷりと、まさかのメールの「件名なし」に愕然。普通、こういったメールって件名無しでは送らないと思います。

ここはやばいと感じ、メールを返信することもなく二度と関わらないことに決めました。友達間のメールじゃないんだから、件名ぐらいは最低限入れるでしょ、と思ったのは私だけじゃないはず。

トップへ戻る